購入をご検討の方

購入をご希望する地域や条件など、まずはお気軽にご相談ください。

  • STEP1購入の相談

    購入の目的や希望条件、情報を確認し、お客様にご紹介できる物件を随時提案させて頂きます。なお、お客様から知り得た情報は秘密厳守します。

  • STEP2物件の内覧

    気になる物件がございましたら、内覧の予約を取り、現地を見学に行きます。建物の管理状態や入居者、近隣の状況、周辺のロケーションや、交通アクセスなど、総合的に現地でご確認いただきます。

  • STEP3購入申込書の提出

    現地を見て良いと思ったら、すぐに「購入申込書」をご記入いただきます。基本的には申込みは「順位優先」という事が多いので、一番手になるよう素早く申込書を出すのが良いです。しかし、一番手で買付を入れても資金が確定していない場合は、せっかく一番手として買付を入れても、順位が保全されず資金が確定している人に一番手としての交渉権が得られます。また、買付価格をいくらにするかは非常に難しく、売主様希望より安過ぎると、相手にされませんし、高ければ収支が合いません。不動産会社ともよく相談しながら、いくらで出すのかを決めていきましょう。その後ご契約条件、価格の調整へと、より具体的な交渉に移行します。

  • STEP4資金確定

    購入申込書を出しても安心は出来ません。買付の順位が早くても他の買主様が先に資金確定をすると、購入条件が同じなら資金確定の早い買主様と契約することが多いのです。中には自分が2番手だと判ると、価格を上げて自分を優先するように交渉する事も多いのです。購入申込書を出したら1分1秒でも早く資金確定をするようにしてください。

  • STEP5重要事項説明、売買契約

    契約条件がまとまり、資金確定すれば、条件に沿った契約書類を作成し、売主様・買主様それぞれにおいて契約前に内容を確認して頂きます。双方のチェックが終われば、正式に契約書類を発行し、重要事項説明、売買契約へと進みます。重要事項説明とは、購入物件に関する事項を説明することです。不動産の専門用語多いため分からない事は、遠慮せずその場で質問をするようにしてください。重要事項説明書に記載されていれば買主様はそれを理解して購入したと判断されるのでしっかり内容理解しましょう。重要事項説明書に記名・捺印すれば、次は売買契約です。これも内容をきちんと確認して、分からない事はその場で質問をし、不明な点が無いようにして下さい。不明な点が無ければ記名・捺印します。契約書に記名・捺印すれば次に手付け金の授受。手付金の領収書を受け取れば売買契約は成立となります。

  • STEP6引渡し準備

    契約が完了しましたら、ローン借り入れの申し込み、所有権移転の際に必要な準備を進めます。ローン契約(金銭消費貸借契約)は金融機関によって諸費用が違いますので、諸費用の明細については金融機関にお聞きください。不動産会社とは引渡し当日の清算明細の確認等がありますので、都度打ち合わせしながら引渡しまで進めていきます。

  • STEP7引渡し

    引渡しは一般的には買主様の融資する金融機関で行います。当日は売主様、買主様、不動産会社の担当者、司法書士、抵当権が設定されていれば抵当権者様が集まります。司法書士が引渡し書類を確認し、問題が無ければ金融機関が融資を実行します。実行と同時に残代金の支払いや、司法書士の手数料や登記費用、不動産会社への仲介手数料もこの時に支払います。売主様への振込確認後に、司法書士が法務局へ所有権移転や抵当権設定の登記に向かいます。また、同時に図面や賃貸契約書などの書類、部屋の鍵などを引継いで取引は完了します。